人とは違ったプレゼント|花屋の個性的な挑戦

花

お見舞いにNGな花

フラワー

花は色々なプレゼントに使えます。お見舞いとして花を贈ることもあるでしょう。しかし花を贈る際には知っておきたいマナーがあります。まずは花を贈る以前にお見舞いに伺っていいかの確認を行いましょう。短期間の入院の場合や手術前後はお見舞いに来られては迷惑な場合があります。また病院ではスッピンでパジャマ姿のため、そんな姿を見られたくないという人もいるでしょう。お見舞いに行っていい状態か相手に確認することが大切です。名古屋の病院にお見舞いに行く際はお見舞いにふさわしいお花を選ぶことが大切です。菊の花はお葬式に使われるため、病気の人に贈らないようにしましょう。シクラメンの花も死や苦しむなどゴロが悪いため控えましょう。またユリなど臭いがきつい花はお見舞いにはふさわしくありません。他にも真っ赤な色のバラや椿は縁起が悪いとしてお見舞いにNGな花です。このようにお見舞いに避けるべき花は多くあります。また病院によってはそもそも生花自体の持ち込みができない病院もあります。それは花から細菌が広まるのを防ぐためです。感染症予防のために禁止されている名古屋の病院は増えてきましたので、お見舞いに行く時には病院へも確認を行いましょう。

花を購入する際は花屋の店員にお見舞いの花であることを伝えるようにしましょう。花屋のスタッフであれば、ふさわしい花束を作ってくれます。また生花の花束も持ち込めない場合でもプリザーブドフラワーなら名古屋の病院への持ち込みも可能でしょう。プリザーブドフラワーは多くの名古屋の花屋で取り扱っています。近くの花屋にない場合はインターネットでも購入することができます。

Copyright© 2016 人とは違ったプレゼント|花屋の個性的な挑戦 All Rights Reserved.